新生児の服の種類・着せ方~洋服編~

スポンサーリンク

今回は、新生児の洋服の種類・着せ方について紹介します。
「洋服」は代表的な種類として、「2WAYオール(ドレス)」「カバーオール」「ボディーウエア(ロンパース)」と呼ばれているものがあります。

新生児の服(洋服)の種類


洋服の種類
2WAYオール(ドレス) 最初は新生児ドレスとして、足の動きが活発になったら股のボタンを留め、足が左右に分けれるように作られているタイプ。
長い期間着せられるので重宝します。
カバーオール 初めから足が分かれているタイプ。
赤ちゃんが活発に動くようになってくる頃(2~3ヶ月ごろ)からメインで使用します。
ボディースーツ
(ロンパース)
足の部分が無いタイプ。
肌着用と洋服用があり、ボディスーツは下着、ロンパースはアウターと区別されているようです。
夏なら1枚で着せたり、秋・冬に下にズボンをはかせて着させるとお腹が出ないので安心です。


ロンパースは前空きではなく、上からかぶせて着るタイプのものが多いです。
首が据わってからの使用がメインになります。


新生児の服(洋服)の着せ方


基本的に「肌着」+「洋服」を着せましょう。
「肌着」を着せずに「洋服」だけ着せるのは新生児のうちは基本的にNGです!

夏なら、肌着1枚でもオッケイです。

逆に冬になると、どのくらい着せたらいいか分からないんですよね。

赤ちゃんは自分で体温調節があまり出来ないから大人より1枚多めに着せるんだよ、と母に教えてもらいました。

1枚多めに着せてみて、それでも暑そうだな・・・と感じたら、赤ちゃんの背中を触ってみると良いそうです。
少し汗で湿っていたら着せすぎなので、1枚脱がします。


それと、冬でも赤ちゃんの足は裸足が良いそうです。
(かなり寒い日を除いて)

赤ちゃんは足の裏で体温調節しているので、靴下を履かせてしまうとうまく体温調節が出来なくなってしまう可能性があるんです。
つまり「暑がり」や「寒がり」体質になってしまうそうです。

なので、足の裏が冷たいことで判断せず、背中が冷たかったら1枚多めに洋服を着せてあげる、と判断しましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿