妊娠中に陰部が痒くなる症状はカンジダ膣炎かも

スポンサーリンク

妊婦さんに良くなりやすい病気の一つとしてカンジダ膣炎があります。

カンジダ膣炎にかかるとデリケートゾーン周辺に痒みを感じます。

カンジダ膣炎とは、誰の身体の中にも存在する「カンジダ」というカビの一種が、疲れや体調不良、特に妊娠中などの免疫力が落ちている時に増え、炎症を引き起こすことを言います。

カンジダ菌は、膣内にあるものだと思っていたのですが、口や気管支、肺などにも常在しているんだそうです。

もともと自分が菌を持っているので、性交渉で感染したとは限りません。
特に妊娠中は膣内が酸性に傾くので、カンジダ菌が増殖しやすくなるんだそうです。


カンジダ膣炎の症状

外陰部がに痒みを感じるようになり、おりものがカッテージチーズのような白いポロポロしたものになります。

しかし、必ず痒くなるとも限らなく、痒みを感じなかったのに定期健診で「カンジダ」と発覚する方もいます。

おりものの変化も無く、ちょっと痒いくらいなので「蒸れてるのかなぁ・・・」と思っていたら実はカンジダ膣炎になっていた、と言うケースもあります。
(私はおりものの変化は無かったのにカンジダになってました)


カンジダ膣炎の治療

私の場合、塗り薬を貰い、陰部に塗るように言われました。
確か1週間~2週間くらいで治ったと記憶しています。

そのほかには、膣内洗浄や、膣剤、内服薬で治療する場合もあります。
産婦人科で自分の症状にあった薬を処方してくれるので、カンジダ膣炎の市販薬は使用しないほうがいいです。

赤ちゃんへの影響は?

胎児に悪影響はありません。

しかし、出産時に治っていないと産道感染を起こし(分娩時に赤ちゃんに感染)、オムツかぶれや口内炎の原因になることがあるので、出産までには治すようにしましょう。

違和感を感じたら、すぐに産婦人科の先生に相談してみましょう!!

0 件のコメント:

コメントを投稿