緊急帝王切開になる場合の赤ちゃんや母体

スポンサーリンク

急遽帝王切開と言って、自然分娩中に、何かしらのトラブルが発生して帝王切開になる場合があります。

私は一人目の出産の時に急遽帝王切開になりました。
原因は胎児仮死でした。

全く予測していなかったので、帝王切開になりとてもびっくりしたんですが、急遽帝王切開になった妊婦さんは結構います。


急遽帝王切開になるケース

■胎児仮死

胎児仮死は胎児機能不全とも言います。
胎盤機能の低下や、へその緒がが圧迫されたりして赤ちゃんに酸素がいかなくなることで起こります。

私の場合、胎盤が腐りかけていたらしく、酸素がいかなくなった・・・と言われました。

胎児仮死の場合、重度だとすぐ帝王切開になりますが、赤ちゃんの頭に器具を当て、引っ張り出す吸引分娩をするケースも多いです。



■微弱陣痛

陣痛がなかなか続かなかったり、陣痛の間隔が長いまま・・・と言う場合、お産が進みません。
陣痛促進剤を使用したり、吸引分娩をしたりしますが、帝王切開になるケースもあります。



■常位胎盤早期剥離

常位胎盤早期剥離とは、赤ちゃんが産まれる前に胎盤が剥がれることです。

胎盤が機能しなくなると、赤ちゃんに酸素が行かなくなってしまいます。
しかも胎盤がはがれると、子宮内に大量に出血してしまい、母子ともに危険な状態になるので、すぐに帝王切開になります。

分娩中に起こるわけではなく、急にお腹が硬くなったり、痛くなったり、出血した場合は、すぐに産婦人科へ行きましょう
いつ起こるかなどは予測不能なんだそうです。



■回旋異常

出産の時、赤ちゃんは産道(赤ちゃんの通り道)の形に合わせて、頭を回しながら(回旋)下りてきますが、この回旋がうまくいかないことがあります。



その他にも、妊娠中毒症が原因の場合もあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿