予定帝王切開での出産の流れ

スポンサーリンク

私は一人目の出産の時に、胎盤が半分はがれていて赤ちゃんに酸素が行きにくい状態になっていたので、通常分娩から急遽、緊急帝王切開になりました。

なので、今回の二人目の出産の時も帝王切開での出産になりました。

緊急帝王切開違って、予定されているので、出産の流れもちょっと違ったように感じました。
帝王切開のながれ

手術の前日に入院

予定帝王切開の場合、出産日の前日の夕方に入院します。
夜ご飯は食べられますが、夜9時からは、絶飲食になります。(病院によっては夕ご飯も食べられないんだとか・・・)


当日の朝手術室へ

部屋で手術着に着替え、手術室に行きます。
手術着の下はスッポンポンです。

手術台に寝そべるときは全裸になります。
それから腕に点滴を打ち、お腹からVラインの毛を剃られます。
剃毛するのは、清潔にして感染を防ぐためです。
剃る範囲は病院によって異なるようですが、もう、なされるがままです。
剃った後は消毒液をたっぷり付けられて消毒されます。

あと、血圧計や心電図計が取り付けられ、尿の管を取り付けられます。

この尿の管が意外と痛いというか気持ち悪いというか・・・

身体の力を抜いていないと余計痛くなりますので、リラックスです~!


麻酔

予定帝王切開の場合、下半身だけに効く腰椎麻酔をするのが一般的です。
身体を横に向け、背中を丸め、脊髄あたりにブスッと刺されます。

お腹大きいのに背中丸めるの大変なんですよね。
麻酔の時も力を抜くと針が入りやすくて良いそうですよ!

この腰椎麻酔が痛いんだろうなぁ・・・と思って緊張していたんですが、注射を入れるときはそんなに痛くなかったんです。
私の場合、左半身を下にして寝そべっていたんですが、麻酔を入れたときに左の足全体がビクビク~~~!!!として痛かったです。

その痛みが二度ほどあって、その後は麻酔が効いていたので痛くはなかったです。


私が出産&入院した病院は、麻酔をした後眠らされるので、意識ははっきりしていませんでした。

もしかして今お腹の中から赤ちゃん出してる??
かすかに赤ちゃんの産声が聞こえたなぁ・・・

くらいしか覚えていません。

病院によって違いますが、意識がはっきりしたままの手術の場合が多いようです。


手術&出産

意識がある場合、器具の音や看護婦さんの声は聞こえますが痛みは感じません。
さわられている感覚はあるのでチョット怖いですよね。

赤ちゃんはすぐ生まれます。
ママは縫合処置をし、赤ちゃんはパパやおばあちゃんに見せた後、検査を受けます。



これもまた病院によってちがいますが、赤ちゃんとの対面がすぐできたり、1日経ってからしか対面できなかったりします。

0 件のコメント:

コメントを投稿