妊婦はコーヒー(カフェイン)を飲んではいけない?理由は?

スポンサーリンク

妊娠中はコーヒーを飲むと良くない・・・とよく聞きますよね。
コーヒーの中に入っているカフェインが赤ちゃんに良くない、と聞いて、妊娠中&授乳中はコーヒーを控えていたんですが、なぜカフェインがダメなのか一日にどのくらいカフェインを飲んでいいのかを調べてみました。
カフェイン

妊婦がカフェインを飲まないほうが良い理由


■理由その1
カフェインは大量摂取すると、目が覚めたり、興奮状態になったり、落ち着きがなくなるなどの副作用が発生します。

胎児にはカフェインを分解する力が無いので、母親がカフェインを大量摂取すると負担になってしまうそうです。

実際生まれてくる赤ちゃんが落ち着きが無かったり、低体重だったりするのはカフェインのせい・・・

とはっきりは分かっていないんですが、念のため、大量摂取は控えた方が良い・・・といわれています。


■理由その2
カフェインの性質として、食事で摂った鉄分を流失させる、という働きがあります。

妊婦はもともと貧血になりやすいのに食後にコーヒーや紅茶を飲むと、食事で摂った鉄分の60~80%が失われてしまうんだそうです。

なので、いつでもコーヒーを飲んではいけない、と言うわけではなく、食事の前後1時間を避けるだけで鉄分が失われる率が減るんだそうです。



カップ1杯に含まれるカフェインの量


妊婦さんでも一日300mgまでのカフェインは摂取しても問題ない、と言われています。
コップ1杯(150ml)に含まれている大体のカフェインの量を調べてみました。

カップ1杯に含まれるカフェインの量
コーヒー(炒り豆・ドリップ) 100mg
コーヒー(インスタント) 65mg
紅茶 30mg
玉露 180mg
せん茶・ほうじ茶・ウーロン茶 30mg
麦茶 0mg
ホットココア 50mg


抽出時間や商品の種類などによって結構異なるみたいなんですが、コーヒーなら大体2,3杯は大丈夫、と言うことですね!

お茶や紅茶にも結構カフェインが入っているので、気をつけたいですね!

0 件のコメント:

コメントを投稿