新生児の服の種類・着せ方~肌着編~

スポンサーリンク

新生児の服、沢山種類があって何がなんだか分からないし、着せ方も良く分からない・・・ですよね。

新生児の服は、「下着」と「洋服」の2種類に分けられます。

「下着」は「肌着」と呼ばれ、「洋服」は「2WAYオール(ドレス)」「カバーオール」「ボディーウエア(ロンパース)」と呼ばれています。

今回は肌着について紹介します。

新生児の服(肌着)の種類



肌着の種類
短肌着 一番下に着る肌着。腰周りまでの長さで、夏でも冬でも必ず着せていました。
5~10枚あってもオッケイです。
長肌着 短肌着の上に着る足元まである肌着。
着物の長襦袢のようなもので、秋~冬にかけて、2ヶ月程度使用します。
コンビ肌着 長肌着の股をスナップで留めれるタイプ。
胸元が紐のタイプとスナップのタイプがあります。
長肌着より長く使えます。


赤ちゃんの肌着は縫い代が全て表に出るようになっています。
タグや縫い代で赤ちゃんの肌を痛めないようにしているんですね~!


新生児の服(肌着)の着せ方

基本的に、「短肌着」+「長肌着」or「コンビ肌着」の順番で着せます。
着せる時は、短肌着と長肌着を重ねて袖を合わせ、2枚同時に着れるようにします。

私の息子ちゃんは4月の始めに生まれたんですが、「短肌着」+「コンビ肌着」+「洋服」を着せていました。

「コンビ肌着」はまたの部分を留めなかったら長肌着と同じなので、長肌着よりコンビ肌着の方が便利でした。

コンビ肌着も胸元から全てボタン式のものと、胸元は紐、足元だけボタン式のものがあり、全てボタン式の肌着の方が、赤ちゃんが動き出してからもはだけることなく使用できます。


「まだ全然そろえてないんだよね・・・」
というママさんは、ニッセンで新生児用肌着セットが販売しているので、まずセットモノを購入する方が便利&お得ですね!
ニッセン 新生児肌着10点セット

0 件のコメント:

コメントを投稿