夜泣きとは?赤ちゃんの夜泣きの判断

スポンサーリンク

赤ちゃんの夜泣きとは、

夜中に赤ちゃんが泣くこと=「夜泣き」

だと思っていたのですが、本当の夜泣きの意味は「原因がない号泣」なんです。

夜泣きは、生後2,3ヶ月~1歳半くらいまでの赤ちゃんに見られます。
一般的に育児書や雑誌などでは7ヶ月頃から、とされているようです。
赤ちゃんに毎晩激しく泣かると、ママの方が泣きたくなりますよね(TωT)


  • オムツが濡れていて泣いている
  • 暑さや寒さでぐずっている
  • 体調が悪くて泣いている
  • おなかがすいていて泣いている

などなど・・・
理由があって赤ちゃんが泣いている時は「夜泣き」ではないのです。

夜泣きの時期や、泣き方も赤ちゃんによって違うようです。
大声で「号泣」する子や、ぐずぐずと泣く子・・・とそれぞれいますが、一度泣き出すとなかなか泣き止まないのが「夜泣き」です。

赤ちゃんが号泣すると、ママも泣きたくなってくる「夜泣き」ですが、夜泣きは赤ちゃんの成長の一部と言われていて、赤ちゃんの睡眠のリズムが定まる過程でおきる現象なんです。

夜泣きで一番つらいことは「ママの睡眠時間がなくなること」ですよね。
睡眠時間が短くなると、精神的にもかなり参ってしまいます。

「せめて昼間に泣いて欲しい・・・」

と言う思いも赤ちゃんには届きません・・・(ノω<;)

0 件のコメント:

コメントを投稿