赤ちゃんの夜泣き対策には添い寝とベビーベットどっちがいいの?

スポンサーリンク

添い寝とベビーベット、夜泣きする赤ちゃんにはどっちが効果的なんでしょう?

赤ちゃんをベビーベットで寝かすか、お布団で一緒に寝るかによって夜泣きする・しないが変わると言う話も聞いたことがありますが、実際はどこで寝るかはあまり関係がないんだそうです。

寝かしつけ

添い寝の方が夜泣きが多い」と言う意見が多いようですが、赤ちゃんと一緒に寝ていると小さなぐずりでも敏感に気づいてしまうので、「夜泣きが多い」と感じるかもしれません。

テレビで見たのですが、海外では赤ちゃんはベビーベットで一人で寝るのが当たりまえなんだそう。


赤ちゃんと一緒のお布団で添い寝ていると、赤ちゃんが夜泣きしてぐずったらすぐ気づくことが出来るので、大泣きする前に、赤ちゃんの背中をポンポンたたいたり、あやしたりすることで夜泣きを未然に防げる、と言う利点があります。

私は、ベビーベットで寝かせていた時期があったのですが、抱っこして寝かし付けをした後、ベビーベットにそーっと置くときにまた泣いて起きてしまう、という事が多々ありました。

手を離すと起きてしまう事が多いので、寝た後は抱っこしたまま一緒に添い寝をしたほうが寝てくれていました。

ベビーベットの場合は、赤ちゃんの布団ごとおくるみのようにして抱っこして寝かし付けをし、そのままベビーベットへ・・・とゆうほうが起きずに寝てくれる事が多かったです。

0 件のコメント:

コメントを投稿