赤ちゃんの夜泣きの原因は体内時計

スポンサーリンク

赤ちゃんの夜泣きの原因は、赤ちゃんの体内時計が狂っているからだ、と言われています。

夜泣きの原因は赤ちゃんにある、と思いがちなんですが、夜泣きの原因は、体調が悪い時以外は赤ちゃんにはないんだそうです。
夜泣きの原因は?
調べてみたのですが、赤ちゃんの夜泣きには、体内時計がかなり関わっているようなのです。
体内時計を正常に維持すればほとんどの赤ちゃんは夜泣きはしなくなる、という説があります。

最近テレビで専門家が、「人によって体内時計の周期がまちまちである」と言っていました。
体内時計の周期はだれもがきっちり24時間とゆうわけではなく、20時間~28時間ものブレがあります。


この「体内時計」の周期が24時間にならないと大人でも赤ちゃんでも朝起きれない、夜眠れない、と言う睡眠障害が発生してしまいます。

大人になると、ほとんどの人は体内時計が整ってゆくので、夜にまとまった睡眠が取れるようになるのですが、ごくまれに「体内時計」が狂いすぎて、朝起きれなくなり、会社に毎日のように遅刻してしまう、とゆう方もいるんです。

このように狂ってしまった体内時計を戻す方法は、「朝日を浴びること」なんです。

朝日を浴びる事

普通に生活していれば、昼間の明るさと夜の暗さの繰り返しによって体内時計は自然と整ってくるんです。特に、「朝日を浴びること」は体内時計を正常にリセットする効果があります、とテレビでお医者さんが言っていました。


夜泣きする赤ちゃんの体内時計の周期は大人と同様バラバラなので、日中は明るい部屋で過ごし、夜は早めに電気を消して暗くして、赤ちゃんの体内時計を整えてあげることが重要なんだそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿