帝王切開の傷跡のケアのために皮膚科に行ってきました

スポンサーリンク

たまたま皮膚科に行く用事があり、ついでだから帝王切開の傷跡も綺麗に消えるかどうか見てもらおう・・・

と思い、皮膚科の先生に診て貰いました。


ちなみに、私の帝王切開の傷跡の状態・・・

  • 二人帝王切開で出産
  • おへその下から縦10センチ、横1センチほどの傷跡
  • 傷跡はデコボコしていて、赤くはれ上がっている感じ。
  • たまに痒い

皮膚科での帝王切開の傷跡の治療



■ケロイド?肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)?
産婦人科では、「ケロイドだね~」と助産婦さんに言われました。

皮膚科の先生は何も言わなかったんですが、ちょっと調べた所、治らない傷跡にはケロイドと肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)というものに分けられるんだそうです。

ケロイド、は聞いたことあったのですが、肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)は初耳。
簡単に言うと、傷のあとがどれだけ目立つかによって呼び名が違うんだとか。

(目立たない) 普通の傷跡→肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)→ケロイド (目立つ)

肥厚性瘢痕は、ほうっておいても半年から1年で自然に平らに白くなってゆきます。
ケロイドは、傷跡がかなり目立つし、治りにくい傷跡・・・といった感じです。

ケロイドと、肥厚性瘢痕の区別は付けにくく、どちらの場合でも治療法はほぼ同じなんだそうです。


■レーザー治療とステロイドの注射と塗り薬
私が皮膚科で受けた治療はまずレーザー。
ピカピカしてて少し熱かったです。
何に効くレーザーなんだろう・・・
聞けばよかった。

レーザーにも、赤み・色素沈着を分解するものや、凸凹を平らに近づけるもの、盛り上がっている患部を気化蒸散させるもの・・・と色々あるようです。

次に、傷跡にステロイドの注射を2箇所しました。
傷跡ってやっぱり皮膚だから、注射すると痛いですね(´ε`;)
注射する時に、

「うーん、硬いね~!」

と言っていました。

これで治療は終了。
最後に「「デルモゾールG軟膏」というステロイド入りの塗り薬を貰いました。

こっちが聞かないと何も教えてくれない先生だったようで、また来てくださいね~とは言われませんでした(´∀`;)

皮膚科に行く前と比べると、下から1センチ位の所だけ腫れが治まってきました(*´∀`*)
塗り薬がなくなったらまた行ってみようかな・・・と思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿