妊婦の貧血は食事で改善しましょう。鉄分の多い食品は?

スポンサーリンク

妊娠10ヶ月に入り、とっても疲れやすくなったなぁ・・・と思っていたら、なんと貧血になっていました。

妊婦さんは貧血になりやすいんですよね。

貧血になってから改善してゆくのは時間がかかるので、日ごろから食事で鉄を取るように気をつけておかないといけない・・・という事は分かっていたのですが・・・(;´д`)

産まれるまでに貧血を改善しなきゃ!!!

という事で、鉄分の多い食品、効果的に鉄が摂取できる食べ方を調べてみました。
鉄分の多い食事とは

貧血に効果的な鉄の食べ方


効率よく鉄を摂取するには・・・
ヘム鉄を摂る
鉄には、お肉や魚に含まれる「ヘム鉄」と、野菜や大豆、海藻に含まれる「非ヘム鉄」があります。

吸収率の高いのは「ヘム鉄」で、23~28%もの吸収率があります。
「非ヘム鉄」は1~5%の吸収率なので、「非ヘム鉄」を食べる時は食べ合わせに注意する事が必要です。

鉄の吸収率を上げる食品
野菜や大豆、海藻などの「非ヘム鉄」は、たんぱく質やビタミンCを含む食品と一緒に食べると鉄の吸収率が上がります。

たんぱく質の多い食品 : 肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品
ビタミンCの多い食品 : 果物、野菜


鉄分の多い食品

鉄分の多い食品一覧 (1日に必要な量は10.5mg)
食品 食品100g当たり 食品 食品100g当たり
豚肉(レバー) 13.0mg 鶏肉(レバー) 9.0mg
牛肉(センマイ) 6.8mg たまごの卵黄 6.0mg
しじみ 5.3mg いわし(丸干) 4.4mg
あさり 3.8mg 油揚げ 4.2mg
納豆 3.3mg 焼きのり 11.4mg
ひじき(乾) 55.0mg きくらげ(乾) 35.2mg
こまつな 2.1mg えだまめ 2.5mg


あと、鉄製の鍋やフライパンで調理すると、鉄が少し溶けて摂取できるので、鉄なべでの煮込み料理なんかがおすすめです!

レバーは食べ過ぎるとビタミンAが過剰摂取となり胎児に悪影響を与える・・・と聞いたことがあります。
週に1回程度摂取するか、少量を少しずつ食べましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿